スリランカの現在の経済状況

2023年のスリランカの経済状況は以下の通りです:

  1. 高いインフレと経済危機が続くスリランカは深刻な経済危機に直面しており、高インフレが続いています。これにより国民の生活は依然として厳しい状況にあります【6†source】。

  2. 経済の縮小世界銀行スリランカ開発アップデートによると、2023年の国の経済は4.3%縮小すると予測されています。これは需要の減少、雇用と収入の損失の激化、生産に影響を与える供給面の制約などが原因です。さらに、債務再構築プロセスの遅れ、限られた外部融資支援、世界経済の大幅な減速、過去の危機の影響からの回復が長引くことも影響しています【7†source】。

  3. IMFからの財政支援国際通貨基金IMF)は、経済危機に陥っているスリランカに対し、4年間で約30億ドルの金融支援を行うことを決定しました【8†source】。

  4. 国民の経済認識スリランカシンクタンク「センター・フォー・ポリシー・オルタナティブズ(CPA)」による調査では、国民の経済に対する認識は概して悲観的です。2023年8月の調査では、62.4%の回答者が経済状況が悪化したと感じていますが、これは前年の79.1%からは減少しており、わずかながら改善の兆しが見られます【9†source】。

  5. 歴史的な経済危機:2022年5月、スリランカは75年間で最悪の経済危機に見舞われ、独立以来初めて外国債務の支払いをデフォルトしました。経済は前年に7.8%縮小し、2023年にはさらに3%縮小すると予想されています。ただし、最悪の状態からの回復の兆しも見られます【10†source】。

  6. 輸入依存と輸出の限られたスリランカは歴史的にエネルギーや食料品の多くを輸入に頼っており、輸出品は限られています。これにより経常収支は赤字が続いています。新型コロナウイルスの流行は状況をさらに悪化させ、外国人観光客が減少し、国の外貨収入源が大きく減少しました【11†source】。

要約すると、スリランカの経済状況は2023年においても依然として難しい状況にありますが、少しずつ改善の兆しも見られます。高いインフレ、経済の縮小、外部支援と輸入に対する重依存、限られた輸出能力といった課題に直面しつつ、徐々に回復しつつある様子が伺えます。